JUNES_K
1COINR
M-AL
BUGSEED_MIX
FEBB2_CD
ARU2_LEE_CD
ARU2_LEE_7
FEBB_TAPE
FEBB
NNN
ITTOK
LAF-MIX
MANTIS-MIX
LEE
SERVER_MANTIS
BURNER
SATO
KAIMANENT
BOOTYNFREEZ
TROOP_STICER
売れ筋商品

QR







10/14 神門「歳月」CD(予約)

型番 HVRCD-016
販売価格 2,750円(税込)
購入数



*この商品は先行予約商品です。
・発売日以降発送
・予告なく仕様・発売日が変更の場合があります。
・予約商品はキャンセルは出来ません。
・ご注文の際は慎重にお願い致します。


10/14 発売予定


圧巻のオリジナル。パンチラインで武装された、サビを持たない言葉等。「これで売れる。」日常や葛藤を赤裸々に表現し続けてきたラッパー神門の10枚目。神門という人間の10ページ目の人間模様。最高傑作!!

自身10枚目のアルバムであり、ライブ活動再開を経て最初の1枚。ラップや表現に対する思いが凝縮されている。盟友、観音クリエイションとの相性は抜群。1st「三日月」をオマージュしたジャケットからも分かるよう、作風に原点回帰(韻への重視、ストーリーテリング要素等)が見られる一方、初タッグとなるトラックメイカー(SHIBAO、ikipedia、Michita)が参加し、新たな局面が見られる。結果としてまたたくさんの名曲が生まれている。M1「0.00」5年ぶりに立ったステージからの景色。M2「1月8日」我が子の出産に立ち会った一日の描写。M3「半生」三日月から続いていた物語。M4「季節」地元の飲食店をほぼ出禁になったお客さんとの一幕。M5「詩とレンズと箱」あらゆる主張を1つのビートに。(以降割愛。)

アルバム前半部分だけでも、アルバム1枚分に匹敵する聴き応え。しかし、1曲1曲の濃さは薄まることなく、ラストまで続いていく。「一本の映画を観たような」と評されることも多い神門アルバム。本作は「十本の映画を観たような」を目指したと言う通り、1曲1曲のトピックが秀逸で、掘り下げ方、着眼点がそのクオリティーを底上げする。どれも聴き流せない存在感を放つ。「歳月」という、アルバムタイトルすらも伏線となっている。いかにキャッチーに短く聴き手を掴むかが重症視される昨今、その流れに逆行し、全10曲、サビすらない。しかし、いやだからこそ、1行1行が格段に重く、聴いていて、全節サビとも錯覚する。アルバムを折り返す手前、M4「季節」を聴き終えたあたりで感じる充足感は、そこに由来する。前作「エール」で熟練された、"日常描写"、"誰しもが抱く言葉にしにくい感情の表現"は、今作でも好調。いや、ライブ活動を再開したことで、現場で揉まれた激動も加わり、より感情的に洗練されている。人間に刺さる一枚。


■神門
1986年生まれ。神戸在住。2005年より活動を開始。2007年に1stアルバム「三日月」をリリース。赤裸々で等身大のリリックが話題を呼んだ。その後も、「こころ」「栞」「神門」と順調にアルバムをリリース。2013年、5thアルバム「上弦下弦」をリリース後、制作専念のためにライブ活動を休止。制作専念中も、「苦悩と日々とど幸せ」「色彩」「親族」とアルバム3枚をリリース。2018年、9thアルバム「エール」をリリース後、ライブ活動再開。2020年、ライブ活動再開後初となる、10thアルバム「歳月」をリリース。


1. 0.00 [Track by 観音クリエイション]
2. 1月8日 [Track by 観音クリエイション]
3. 半生 [Track by 観音クリエイション]
4. 季節 [Track by 観音クリエイション]
5. 詩とレンズと箱 [Track by 観音クリエイション]
6. あの時 [Track by SHIBAO]
7. 子が生まれ [Track by ikipedia]
8. 紅しょうが [Track by ikipedia]
9. 今よりも [Track by ikipedia]
10. Bygone Days [Track by Michita]

メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら