ARU2_LEE_7
FEBB_TAPE
FEBB
NNN
ITTOK
LAF-MIX
MANTIS-MIX
LEE
SERVER_MANTIS
BURNER
SATO
KAIMANENT
BOOTYNFREEZ
TROOP_STICER
N9N_HOODIE
N9N_SWEAT
LEE_T
TROOP_HOODIE
売れ筋商品

QR

TBHR
GREEN_HOUSE
ILL-DANCE-MUSIC
Insector-labo
ING_RECORDS
JORZE_DISC
MJP
MONO_ADAPTA
NORTH_SMOKE_ING
OIL_WORKS
POP_GROUP
SWR
TempleATS
WOK22
3rdSTONE





ISSUGI & BUDAMUNK「II BARRET」CD

型番 DERCD-042
販売価格 2,484円(税込)
購入数



久々となるソロ・アルバム『EARR』も話題なISSUGIと、数々のプロジェクトでシーン内外を沸かしているBUDAMUNKによるユニットがついに始動!ファースト・アルバムをリリース!

今年2月に発表したソロ・アルバム『EARR』の興奮も冷めやらぬISSUGI、そして金子巧(cro-magnon)とmimismooth とのジョイント・アルバムで話題をかっさらったばかりなBUDAMUNK。5lack をまじえたSICK TEAM としての活動でも知られるこのふたりが、ついに本格的なユニットを結成!ファースト・アルバムにはその5lack や仙人掌、KID FRESINO、OYG、16FLIPらが参加予定!

MONJU、SICK TEAM としての活動や、ソロとしても今年2 月に発表した久々となるニュー・アルバム『EARR』が各方面で大絶賛され、6 月に代官山UNIT で行われた「REFUGEE MARKET」でのパフォーマンスもヘッズの間で語り継がれている東京を代表するMC、ISSUGI。

同じくSICK TEAM やmabanua とのユニット、GREEN BUTTER、先日発表された金子巧(cro-magnon)とmimismooth とのジョイント・アルバム、ソロ名義などなどで高水準な作品を量産し、さらにはアメリカ西海岸のアンダーグラウンドなシーンにもその名を轟かせて活動を広げているDJ /プロデューサー、BUDAMUNK。

5lack をまじえたユニット、SICK TEAM としても活動をともにしているそのISSUGIとBUDAMUNK だけに相性は悪いわけなし。以前からISSUGI のライブではBUDAMUNK ビートでの新曲がパフォームされており、ヘッズの間ではリリースが待たれていたであろうこのジョイントがついにリリースとなる。

その5lackやDOWN NORTHE CAMP から仙人掌、KID FRESINO(Fla$hBack$)、OYG、16FLIP らが参加を予定しておりHIPHOP シーンはもちろん、この類い稀なセンスを持つ2人の音楽性で新たなミュージックシーンに届く作品に仕上がる事は間違いない。


■ISSUGI FROM MONJU
東京を中心に活動するMONJU/DOWN NORTH CAMP/SICK TEAM のメンバー。仙人掌、Mr.PUG と共にMONJUとして『CONCRETE GREEN』を始めとする数々のCD への参加で注目を集め、2006 年にファーストEP『103LAB. EP』、2008 年にはセカンドEP『Black de.ep』をリリース。2009 年にはソロとしてのファースト・アルバム『Thursday』をリリース。16FLIP と共に作られた音楽性はISSUGI のスタイルや空気を一枚で浮かび上がらせ、音源を通して各地に届くようになる。以降は東京内外からのライブ・オファーで遠征する中、2010 年にセカンド・アルバム『TheJointLP』をリリース。16FLIP に加えBUDAMUNKY(a.k.a. BUDAMUNK)、MASS-HOLE、PUNPEE、Malik、K-MOONをプロデュースに迎え、自身の内面をより深く投影した作品で着実に一回り大きくなった存在感を残した。2011年にはBUDAMUNK、S.L.A.C.K. とのユニット、SICKTEAM としてのアルバムやDJ SCRATCH NICE とのミックステープ『WHERE OWN WONDER』をドロップ。数々のライブや作品で聞かせるフロウとリリックは独特なスタイルであり、MONJU やSICKTEAM、SCRATCH NICE とのコラボ名義を経て、さらに色濃く自身を表すようになっている。2013年、サード・アルバム『EARR』をリリース。


■BUDAMUNK
Hip Hop のプロデューサーBudaMunky は96 年にLos Angeles に渡米。後にDJ やビート作りを始める。2004年にMC のJoe Styles とOYG とKeentokers として活動を始める。Keentokers は仲のいいクルーLive Radio らと共にSoul Jugglerz としてもLA アンダーグラウンドのステージで多くの通をうならしてきた。BudaMunk 個人としてもローカルのイベントでビートバトルでの優勝やDibiase らローカルのプロデューサーとビートセッションに参加するなど、日本人でありながらLA のシーンで活躍してきた。2006 年帰国後、JazzySport やDogear からの作品リリース、ビートバトルでの優勝、S.L.A.C.K やISSUGI のプロダクション、自信のソロの作品意外にもSick TeamやGreen Butter など日本での活動の幅を広げてきた。最近ではDown North Camp の仲間ISSUGI、仙人掌や、LAの盟友Joe Styles との作品以外にも、Ill Sugi、 Elaquent などプロデューサーとのコラボレーション作品も製作中。


1. Intro
2. II Barret
3. Get Ready
4. Move the crowd (interlude)
5. Thirsty Fonk feat 仙人掌
6. GGIDI (interlude) (by 16Flip)
7. Tokyo 4hours feat Kid Fresino
8. No more ballad (prod by 16Flip)
9. 月ノ眼 feat 5lack
10. We know feat OYG
11. 29時 (interlude)
12. Writin in myhood
13. Rize again
14. Outro

Produced by BUDAMUNK

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら