ARU2_LEE_7
FEBB_TAPE
FEBB
NNN
ITTOK
LAF-MIX
MANTIS-MIX
LEE
SERVER_MANTIS
BURNER
SATO
KAIMANENT
BOOTYNFREEZ
TROOP_STICER
N9N_HOODIE
N9N_SWEAT
LEE_T
TROOP_HOODIE
売れ筋商品

QR

TBHR
GREEN_HOUSE
ILL-DANCE-MUSIC
Insector-labo
ING_RECORDS
JORZE_DISC
MJP
MONO_ADAPTA
NORTH_SMOKE_ING
OIL_WORKS
POP_GROUP
SWR
TempleATS
WOK22
3rdSTONE





Ryohu「Blur」CD

型番 LFIW-03
販売価格 2,160円(税込)
購入数






KANDYTOWN、Aun beatzの活動でも知られ、ファッション界隈からも熱い注目を受けるラッパー、Ryohu。ぺトロールズやSuchmosへの客演の傍、自主リリースをしてきたRyohuが、ついに初の全国流通盤となる EP『Blur』をリリース!!

ラッパーやDJとしての活動も行いながら、楽曲制作も手がけ、さらには歌をもこなすまさにオールラウンドプレイヤーなアーティスト、Ryohu(リョフ)。自身が所属するヒップホップ・クルー、KANDYTOWNとしての躍進ぶりは勿論のこと、過去には現OKAMOTOʼSのメンバーと共にズットズレテルズというバンドで伝説を残し、Base Ball Bearや、近年ではSuchmosやぺトロールズへの客演参加も記憶に新しい。また、SXSW2017ではオースティンでプレイするstarRoと東京のステージをリアルタイムに繋ぐCYBER TELEPORTATION TOKYOショーケースに出演。そんな八面六臂の活躍をしてきたRyohuだが、ソロ作品としては昨年自主リリースした『All in One EP』が一部限定店舗のみの販売で現在は既に入手困難。そうした状況の中、かねてより待たれていた、初の全国流通盤となる EP『Blur』が遂にリリースとなる。

Blur(ブラー)とは「曖昧」や「ぼやける」の意。黄昏から夕闇へと移り変わり、流れる夜景に光が滲みこむ。時は持続し、あらゆる境目は時代の視座と共にあやふやになっていく。そんな日常の中、思いを馳せるイメージはいつだってシンプルで、日々の心持ちを少しだけ上向きにさせてくれる、些細な事だ。本作では日常の様々なインスピレーションを元にすくい上げ、「Blur」をテーマとしたコンセプチュアルな内容となっている。全編がメロウなトーンでありながら、バラエティと変化に満ちたまるでグラデーションのように移り変わっていく作品である。

ギターの絡みから流麗なフルートが溶け込み、徐々に開放感を促すような本作の入り口とも言える M1 "The More, The Better"、鞭のようにしなやかなリズムにトランぺットが雄々しくフックを彩る M2 "All in One"、ポジティヴなメッセージと歌心に富んだダンスナンバー M3 "Shapeless"、心地よいジャジーな前半パートから一転、後半部ではトラップ・サウンドにも射程を広げる展開を見せる怪曲 M4 "Desserts"、女性コーラスを迎え、ミニマルながらも温かみに満ちたメロウな M5 "Feelings (White Bird)"、そして、クラブ・オリエンテッドな4つ打ちの異色曲 M6 "Shake" がラストを飾る珠玉の6曲。

ラッパーでありながら、ほぼすべての楽曲のソングライティングを手がけるという稀有な存在、Ryohu。彼の制作パートナーとも言える ampel の河原太朗が共同プロデューサーとなり、本作には、ドラムに Jackson(from Aun beatz、Ryu Matsuyama)、サックス、フルートに谷本大河(from SANABAGUN.)、トランぺットに高橋絋一(from SANABAGUN.)、ギターに Markun(from Aun beatz)、コーラスに Tempalay などのサポートメンバーとしても活躍する AAAMYYY を招聘。生楽器を用いた豊かなサウンドに、ラップと歌を横断するスムースなフロウ。これまでのRyohuの確かな活動の軌跡が、まさに「今」感じているフィーリングを、今作『Blur』へと結実させた。


1. The More, The Better
2. All in One
3. Shapeless
4. Desserts
5. Feelings (White Bird)
6. Shake
7. Say My Name

メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら